メインイメージ画像

歯に関する悩み

年齢が若ければ普通に生えている歯だと思いますが、年齢を重ねていくと減っていくものですよね。現実には高齢者になると、どんな悩みが発生するでしょう?80歳での歯の数は、日本人で平均すると5〜6本です。奥歯から抜けてきて、噛む力がなくなり、固い食物が食べれなくなり、食することが大変になってしまいます。抜ける原因の多くは、歯周病と言われるのです。年齢が上がる程、2人に1人が入れ歯を使っています。

80歳で20本を残すようにするには、若いうちから噛む事を心がけて、日頃のケアを手を抜かないようにしていきましょうね。

急に歯茎が痛くなって痛みが止まらなくなったら、急いで歯医者に行くますよね。そういう時に気にかかるのは、どんだけのお金がかかるのかでしょう。治療によっては、費用が変動するでしょう。治療費用には、健康保険が適用される治療材料と、健康保険適用外のものがあるでしょうから、その辺は詳細に内容を聞いてから、選択をするようにしましょうね。

基本的には軽度のむし歯だとしたら、1500〜3,000円くらいです。保険適用外だったら、5,000から50000円位になりますね。虫歯になった場合は、できるだけ急いで自分に合ったクリニック選びをオススメします。